読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I'm back rausu

〜東京から羅臼に戻ってきた漁師〜

油圧ホース

漁師はなんでも出来る。

 

魚を捕って仕事が終わったら、あとは昼間っから飲んでるオッサン...では無い。

 

あらゆる作業車を乗りこなし、機械の知識もあるので、よほど重大な故障でもしなけりゃ業者には頼らない。

 

 

スパイ顔負けの万能さ。

カッパを着たジェームズ・ボンド

 

だけど...

大ざっぱ!

 

業者に買い物に行く時に、油圧ホースの替えも頼まれた。

 

「これよりちょっと短いの買ってこい」

 

『ちょっと短いってどんくらいだ?』

 

「ちょっと短いくらいで良いから!」

 

どこに使う部分か、わたしが確かめなかったのが悪い。

 

うん、そうゆう事にしよう。

前向きに。

 

そこに付けるやつだったんか...

 

買ってきたのを付けてみると、長すぎてホースが無理に曲がる。

f:id:AquaCulture:20170405205038j:image

やっぱり長かったな〜

ホース曲がっちゃうな〜

やっぱり駄目か〜駄目だな〜

チッ( *`ω´)

 

ってナゼかキレる親方。

 

うっせぇ!(笑)

 

ちゃんと長さは正解にはかろう。 

これくらいとか、ちょっと...は駄目である。

 

余計なイライラを増やさないように、数字で具体的にいきましょう!

 

油圧ホースは曲がっても動きますが、圧力がかかるので寿命が短くなってしまいます。

 

機械にも良くないし、わたしの精神がもたない(笑)

 

 

f:id:AquaCulture:20170404060808j:imagef:id:AquaCulture:20170404060824j:image

ちなみに...

f:id:AquaCulture:20170404060835j:image

凹んでいるのがメスネジ。

f:id:AquaCulture:20170404060908j:image

とんがっているのがオスネジ。

 

名前の由来は想像にお任せする( ^ω^ )