I'm back rausu

〜東京から羅臼に戻ってきた漁師〜

長年の課題

f:id:AquaCulture:20170329171438j:plain

漁師は高ストレスである。

まず、親方の言葉がキツい

思い当たる人はけっこういるでしょう。

わたしなら親父(笑)

 

人の気持ちを考えない言葉がよく飛び出す!

 

漁業は少人数で行う仕事。

小さな船ならずっと2人っきりなんて事もある。

 

どこまでも広がる、蒼い海。地平線まで続く、大きな空。

f:id:AquaCulture:20170329173211j:plain

逃げ場なんてどこにも無い。

 

サラリーマンだって、嫌いな上司と個室で2人っきりなんて嫌なはず。

 

海の上、狭い船内は密室である。

 

f:id:AquaCulture:20170403193907j:plain

どうやって耐えるか?

 

仕事を完璧にこなせるようになれば・・・

自分が我慢すればそのうち・・・

 

そんな努力も吹き飛ばすイライラする瞬間はどんな漁師にもあるはず。

 

ずっと考えている

f:id:AquaCulture:20170403192229j:plain

  • 読書 
  • 暴飲
  • 暴食
  • カラオケ 
  • ドライブ
  • 旅行  
  • 釣り

 

f:id:AquaCulture:20170403195615j:plain

etc...

 

多種あるリラックス法の中で

羅臼という環境 限られた体力 時間

それらを考慮し 冗談じゃなく 本気で何かしなければ...

と、考えた結果...

 

f:id:AquaCulture:20170403192305j:plain